2019年04月11日

初指揮者合奏と満開の桜♪

こんにちは!
今日のブログ担当はトロンボーンのYです。

さて、先週末の練習は、6月の演奏会で指揮をしてくださる木下麻由加先生をお迎えしての初めての練習でした!
客演コンサートミストレスとして今回もお迎えをする坂先生も、練習にご参加くださいました!

ベルリオーズ、シューマン、ニールセン、どれもやりがいのある(大変な…)曲ですが、木下先生の指揮のもとで、曲のイメージがこれまで以上に湧いてきて、6月の本番に向けとても楽しみになりました^ ^

そして練習後は、先生方を交えての懇親会&最近入団した団員の歓迎会!
ニールセンのお話、団長の特技(?)などなど、とても楽しい会になりました^ ^


そして最後に春のお便りです♪
チューバのエキストラさんがシューマンの降り番中に山科疏水へお散歩されたとのことで、写真を拝借いたしました!
満開の桜!!!ものすごくきれいです!
ぜひ拡大して見てみてください!!笑
桜1.jpeg

トロンボーンの降り番があれば普段は残念がっていますが、今回だけは桜も見たかった…!と、すこし思うYでした 。
桜2.jpeg
posted by みぽ at 20:00| Comment(0) | 練習風景 | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

春到来╰(*´︶`*)╯

こんにちは!
フィロムジカでチェロを弾いておりますYです! いつも隣で弾いているかわいいちぇろぱんだからの依頼なのでそれはもう張り切って書かせて頂きます!

4月になり新年度がスタートしましたね。桜も今週末にはピークなのではないでしょうか(*^^*)


そういえば、新元号が発表されましたね!

「令和」(れいわ)
典拠は万葉集だそうで、
私Yは古典は詳しくないんですが…万葉集は日本最古の歌集というのは習いました(^^;
貴族だけでなく幅広い人が詠んだ歌が収められているので私たちの文化や伝統を象徴する国書ですよね…(ちょっと調べたよ!)

安倍総理の説明の中で、
「令和には、人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つという意味が込められております」
「厳しい寒さの末に綺麗に咲き誇る梅のように、日本人ひとりひとりが美しい花を咲かせられるような時代に」
とのこと。
これをきいたとき、なんだかとても穏やかな情景が浮かんできました。

音楽も、聴いていると情景が浮かんでくることありますよね。前置きがとっても長くなりましたが、我々フィロムジカもお客様に様々な情景が浮かんでくるような、そんな演奏を目指して尽力いたします!

以上新元号「令和」になるのが楽しみになった平成とほぼ同い年のYでした(^ω^)

89C1A44F-F8B4-4E07-9A7F-05C301E61404.jpeg

※写真はうちの会社の近くの桜です♪
posted by ちぇろぱんだ at 23:32| Comment(0) | ちょっとしたつぶやき | 更新情報をチェックする

2019年03月29日

第2回トレーナー分奏!

こんにちは、ホルン担当のKです。

24日の練習は山崎先生による管楽器での分奏でした。この日はシューマンの交響曲4番、1.2.3楽章、ニールセンの交響曲2番、2.4楽章を練習しました。再来週の初指揮者合わせを意識してのテンポや和声を確認しながらの練習になりました。個人的にはシューマンの音域の広さにかなり苦戦しております。山崎先生のレッスンが続きましたが、次回は本番の1週間前です!ひぇぇ〜!

おまけは変な物を発見したのでご紹介を。
トランペットのマウスピースに何やらイカついリングが付いてますが。持ち主は今回お手伝いに来てくださるTさんです。これは「ブースター」の一種でマウスピースのアクセサリーみたいなもんでしょうか。マウスピースに適度な重さを加えることで音の響きが増したり吹きやすくなったりするそうです。

いったいこんなマウスピースからどんな音が飛び出すのか確かめたい方は是非6月16日(日)大津市民会館へ足をお運びください!
E38396E383ADE382B0E58699E79C9F-thumbnail2[1].jpg
posted by みぽ at 23:56| Comment(0) | 練習風景 | 更新情報をチェックする