2021年09月14日

遠藤啓輔のコンサート日記(2021.09.12)

 今年も大阪クラシックの時期になった。初日の今日(2021.09.12)の夜は、大阪が誇る小規模ホール・中央公会堂中集会室(中之島)で大阪フィルハーモニー合唱団を聴く。演奏曲は初めて聴く曲ばかりだが、名伯楽・福島章恭の指揮が作品の魅力を見事に浮かび上がらせ、存分に楽しむことができた。

 1曲目は木下牧子の女声合唱曲『ロセッティの4つの歌』から「私が死んでも」「夏」「もう一度の春」。数年前に木下の個展をいずみホールで聴いたときは肉厚でシンフォニックな響きに感激したが、今日の作品は女声合唱ということもあって、また異なる彼女の魅力に触れられた。全体として響きが透明だが、そのぶんフレーズを締めくくる和声の色合いが印象的になり、それらが少しずつ変化していく様相に魅せられる。ベーゼンドルファーのピアノを使った小林千恵の伴奏が柔らかな音色で響きにきらめきを添えているのも印象深い。そして、ヘミオラのリズムが奔流のような推進力を生み出していた。木下牧子にこれからも注目したい。

 2曲目は伴奏を電子オルガンに換えて、ラインベルガーのレクイエムd-moll。ロマン派の作曲家らしく、息が長く感情豊かな旋律が魅力的な作品だが、福島の指揮はこの曲に込められた繊細な魅力をさらに明晰に浮かび上がらせる。全曲のほぼ中央に位置する「サンクトゥス」の神聖な響きが静謐な山場となるが、対してその前後の楽章はソリスト的役割を果たす各声部のトップが人間味豊かに歌うことで、「神聖さ」と「人間味」が対比された。そのほかにも、沈痛で緊張感の高い部分とやや緊張を緩めた温かみのある部分が対置されるなど、真摯なカラーで統一された感のある宗教音楽の中に程好い変化があり、ロマン派的な音楽のうねりに力を加えていた。

 最後は小林が再びピアノの席に戻って、三善晃が編曲した唱歌集。日本の小学校で音楽の授業を受けた者であれば誰でも知っている歌ばかりだが、これを三善が大胆に編曲して驚くべき合唱曲へと変貌させていた。堂々たるピアノ伴奏に導かれた『朧月夜』は、「菜の花ばたけに入日薄れ~」で始まる1番全体を、なんと男声だけで演奏。当然、その後は女声だけで長大なフレーズを歌う部分も有り、トータルとして女声と男声を大胆に対比させ、ソロイスティックに独自の動きをするピアノと相まって豪快な音空間を作り出した。中でも感銘を受けたのは『雪』。ピアノのキラキラした動きがまさに雪のきらめきのようだが、圧巻は終盤の「犬は喜び庭駆け回り、猫はコタツで丸くなる」の部分だ。歌詞に動物のイメージが挿入されたことを受けてか、ピアノが今度はラプソディーのように暴れ出し、交響曲におけるスケルツォ楽章のような諧謔曲的役割を果たしていたのだ。それに続く『夕焼け小焼け』は、声のブレンドが色彩のグラデーションを描き、堂々たる終曲となっていた。そしてここでも、やはりピアノの動きに感動。終盤、声楽が大空を雄大に描いていたのに、ピアノが突然それとは全く異なるキラキラした動きをし出してビックリさせられる。すると歌詞が「空にはキラキラ金の星」となったのだ。歌詞をピアノの動きが先取りしていたのである。
posted by かぶと at 19:46| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする

2021年08月04日

遠藤啓輔のコンサート日記(2021.07.29)

 大友直人の指揮で、大阪交響楽団がブルックナーの交響曲第5番を演奏(2021.07.29。シンフォニー・ホール)。

 大友と言えば、シベリウスから力みの無い爽快な音を引き出すことに長けた指揮者という印象があるが、そうした大友の個性を反映した速めのテンポ設定。ブルックナーを速いテンポで演奏すると、複雑なポリフォニーの解析に無理が出て冗談音楽のように聞こえてしまうという危険性を伴う一方、旋律のつながりが良く分かってブルックナーの歌の魅力に気付かされるという美点がある。今日の大友の演奏も、構築的な印象が強いこの曲の、歌の魅力を再認識させるものだった。

 第1楽章は特に第2主題部で、弦のピッツィカートが、強弱が雄弁につけられていたこともあって、伴奏であるにもかかわらず抑揚のある歌のように聞こえた。

 第2楽章は何と言っても雄渾な第2主題が、感情が途切れずに湧き出して来るかのような迫力がある。そしてクライマックスの十字架を描く四分音符の連続(I以降)に、歌としての流れがある。この箇所は、一音一音にインパクトを持たせて打ち込む演奏も迫力があるが、今日のような温かく歌う演奏もまた格別な魅力がある。

 一小節一つ振りで指揮したスケルツォは、レントラー風の舞曲の躍動感が出ていた。これには名手・細田昌宏率いるホルンの吹奏が雄弁だったことも大いに寄与している。基本テンポ設定がそもそも速いのに、さらに加速もしっかりつけていたので、楽章全体を通して動的な迫力があった。特徴的だったのはトリオの基本テンポも相当速かったこと。5番のトリオは田園情緒があふれる印象があるが、こうして速いテンポで演奏すると、9番のトリオのように情緒と前衛が混然一体となった不思議な音楽のように聞こえてくる。

 フィナーレでも速めのテンポ設定が効果を発揮。1回目のフーガ(A以降)では、次々と主題が沸き上がってくるフーガならではの興奮があった。そして金管による2回目のフーガ主題の提示(H)は、一音一音のインパクトよりも旋律線としてのつながりを重視した吹奏で、これがコラールという歌であることを再認識させられた。コーダでも、中心となる主題がしっかりと強調され、それらが連結されることで太い歌の流れが作られていた。

 このように速めのテンポ設定を活かした演奏であったが、メロディーの歌い方自体はテヌートを重視した濃厚なもので、サラサラと流れ去ってしまうような頼りない演奏になっていなかったところが良い。米川さやか率いる第2ヴァイオリンが主旋律とは異なる動きを雄弁に弾いていたこともあって、音響の密度も高かった。トータルとして、頼り甲斐のあるブルックナーの響きを実現しつつ、ともすれば忘れられがちになるブルックナーの歌謡的な魅力を前面に出した、独創的な5番の演奏になっていた。
posted by かぶと at 19:45| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする

2021年06月28日

演奏会、終演しました!

47回定期演奏会、無事終演いたしました!


演奏会の延期や数度の練習中止を経て、1年半ぶりにホールの舞台に立つことができました。


豊かなイメージと軽快なやり取りで音楽をまとめてくださった指揮の葛城先生、

弦セクションの奏法やオーケストラ全体のアンサンブルを引っ張ってくださったコンサートマスターの古川先生、

そして楽器の鳴らし方から曲の細かい仕上げまで多岐にわたってご指導いただいたトレーナーの岩井先生と山﨑先生、

ご賛助いただいた皆様、お手伝いいただいた皆様、

たくさんの人たちのお陰で演奏会を開くことができ、改めて感謝しています。ありがとうございました。


何より、制限された状況下ではありますが、

ホールでの演奏をお客さまに聴いていただけたこと、拍手をいただけたことは、久しぶりに感じる喜びでした。

ご来場いただいた皆さま、ありがとうございました。



リハーサルのやや浮き足だった様子が嘘のように、本番では堂々とした演奏になったような気がします!

やはり演奏会を経験するたびに、オーケストラはやめられないなぁと思ってしまいます(笑)



まだまだ演奏会の余韻は冷めませんが、

次回、半年後の第48回定期演奏会に向けた準備も少しずつ始まっています。

再びとなるチャイコフスキーを始め、京都フィロムジカらしさも覗くプログラムになっております!

こちらもぜひお楽しみに!


♪♪♪♪♪♪♪♪


48回定期演奏会

20211226日(日) 

文化パルク城陽 プラムホール

指揮:滝本秀信

・チャイコフスキー /交響曲第6番 悲愴

・グリーグ/ペールギュント組曲より抜粋

・高田三郎/狂詩曲第一番「木曽節」

FCC6FFA5-DC46-470C-9C2D-385B1E88DA90.jpeg
posted by かぶと at 00:18| Comment(0) | 練習風景 | 更新情報をチェックする