2020年06月28日

遠藤啓輔のコンサート日記 2020.06.27

 関西フィルに鈴木優人が客演指揮(2020.06.27。シンフォニー・ホール)。もともと人数が少ない関西フィルの弦楽器がさらに奏者を絞り込み、市松模様状に着座することで演奏者同士の間隔を確保。よって第1プルトは首席奏者ばかり4人ということになるが、オーケストラは弦楽四重奏の拡大形だということを視覚的にも再認識できた。そもそも関西フィルは、指揮者の個性に合わせて響きを切り替えるカメレオンのような器用さが武器だと思う。今日はバッハ演奏に定評のあるマエストロのもとで、一時的にバロック室内楽団に変貌することでウィルスの流行に対処したと言えよう。昨日聴いた大阪フィルは(関西フィルとは正反対に)、創立者・朝比奈隆が醸成した重量感のある響きを恒に変えないのが唯一無二の個性であり、総力戦での演奏スタイルを維持したのも当然の判断と言える。危機的状況への対処の仕方に、各楽団の個性と魅力が反映していて興味深い。
 1曲目はモーツァルトのドン・ジョヴァンニ序曲で、これが今日最大編成の作品。亡霊の場面に由来する冒頭を凶暴にグロテスクに表現し、スフォルツァンドの衝撃も凄みがある。一方で、主部は躍動的なリズムを鋭く演奏し生命力を出す。トランペット(池田悠人・白水大介)のみ古楽器(無弁で、おそらく指孔有りの長管トランペット)を使用。明る過ぎない肉厚な音色が、オーケストラに馴染みつつも存在感を出していた。
 2曲目はやはりモーツアルトの交響曲29番だが、鋭角的だった序曲とは打って変わって滑らかで柔和な演奏。管楽器がオーボエとホルンのみという、弦楽器主体の作品だからということもあろうか。その弦楽器は、人数が少ない分、個々の奏者がクリアな音色で演奏し、柔和な流れの中にしっかりとした骨格を作り出していた。特にモーツァルト演奏の柱となる「刻み」が粒立ったことで、音楽に推進力が貫通していた。とりわけ中島悦子率いるヴィオラは、まるで天空に向かって刻みを吹き上げているようにさえ感じられた。弦楽器は古典配置を取ったが、これがモーツァルトのオーケストレイションの見事さを引き立たせる。増永花恵率いる第2ヴァイオリンの少し沈痛な主旋律に、岩谷祐之率いる第1ヴァイオリンがきらめくような副旋律を添える場面は劇的ですらある。きらめきと言えば、全体的に装飾音符がくっきりと表現され、これも音楽にきらめきを添えていた。また管楽器は、例えばメヌエットでの狩の表現などが力強く印象的で、限られた素材から最大限の効果を引き出すモーツァルトの凄さを感じさせた。
 休憩をはさんで、シューベルトの人気曲の一つである交響曲第5番。モーツァルトよりも木管の編成が増えたことで、色彩感の多彩さとポリフォニーの面白さが印象的になっている。僕がシューベルトの偉大な個性だと思っているメロディーの不気味さと打ち付けられる音響の凶暴さは、この少年時代の作品でも顕著に聴かれ、天才はやはり少年時代から天才だった、ということを改めて思い知らされる。今日とりわけ印象的だったのは第2楽章で、あらゆるフレーズが半音の上昇によって締めくくられていた点が、バッハのマタイ受難曲を思い起こさせた。シューベルトの5番は何度も聴いたはずなのに、マタイとのつながりが見えたのは今日が初めてだ。これぞバッハ演奏の大家・鈴木ならではのシューベルトと言えようか。ただしひょっとすると、僕自身が自分でも知らないうちに、バッハの音楽に救いを求めているのかもしれない。
posted by ひつじ at 22:18| Comment(0) | 練習風景 | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

遠藤啓輔のコンサート日記 2020.06.26

 大阪フィルに桂冠指揮者・大植英次が登壇しベートーベンを演奏。我らが岩井先生ももちろんご出演(2020.06.26。フェスティヴァル・ホール)。
 巨大なフェスティヴァル・ホールの舞台をいっぱいに使って奏者が疎らに着席。弦楽器も一人につき譜面台1台を使用する。興味深かったのはコンサートマスターの須山暢大が、まるでオペラのピットのように一人だけ雛壇上に着座していたこと。これだけ離れて配置されると、やはりコンサートマスターを見にくくなるのだろうか。
 柔軟で表現の引き出しが多い大植は、このやむを得ずに取られた特殊な配置に相応しいスタイルでベートーベンを演奏。ベートーベンには目くるめく変化をスピードで押しまくって聴衆を圧倒するスタイルもあるが、今日はその逆のスタイル。遅めのテンポで各セクションの音を浮かび上がらせる演奏だった。音それ自体の美しさと、一人一人の奏者の自立した表現力を特長とする大阪フィルが、広い舞台を広く使って陣取っているのだ。各セクション、各奏者の表現力を目いっぱい堪能できる遅めのスタイルを取ったのは慧眼だ。同時に、どのようなスタイルの演奏にも対応し得るベートーベンの音楽の強靭さを再認識させられた。
 この配置は予想外の効果も発揮した。疎らに陣取った弦楽器群の隙間から、木管の音色が雄弁に届いてきたのだ。オーケストラの音色の奥行きは木管が左右するのに、それに比べて弦楽器が強すぎる、という印象を持つことが多い。しかし今日は、いつものように大フィルの弦楽器が強力に鳴りながらも、木管もしっかりと前面に出て豊かな色が実現していた。
 また大植は、歌う部分は奏者の自発性に任せる一方で、トッティ部分では楽譜に無いアクセントを適宜加えて推進力と重量感を加えていた。
 1曲目の第4交響曲の冒頭は、この配置とテンポだからこそ、前衛性が引き立つ。また特に第2楽章では、個性豊かな木管の各奏者の表現力が生きる。とりわけこの楽章の2大主役である金井信之(クラリネット)と小林佑太朗(ファゴット)が、明るい中にもほんのりと寂しさを感じさせる、静謐な存在感を出していて見事。離れて着座したからだろうか、静かな部分に緊張感があり、それが心地よい。冗談音楽的な表現も可能なフィナーレも、今日は音の美しさと音楽の立派さを重視したスタイルを取った。
 休憩はせず、管楽器奏者のほとんどを入れ替えて第5交響曲を演奏。今日のスタイルだと、何度も聴いたこの曲から新たな魅力がどんどんと湧き上がってくる。第1楽章はリズムの魅力が印象的だと思っていたが、今日の演奏では旋律や音色の魅力にも気づく。繰り返される冒頭音型が、その度ごとに楽器の構成を異にして目くるめく色彩の変化を持たせていたことが良く分かった。第2楽章では、田中美奈率いる第2ヴァイオリンが、107小節目からのごく短いフレーズを魅惑的に演奏。ベートーベンはなんて美しいんだ!と素直に感動する。またこの楽章では堀内吉昌のティンパニが生々しい人間味を前面に押し出す。大森悠のオーボエが、16分音符を吹いているだけなのにその音が無上に美しい、というのもまさに大フィルのサウンドだ。そしてやはり圧巻は、第3楽章からフィナーレへの移行部分。静謐な中にも、アルコの弦楽器、ピッツィカートの弦楽器、木管楽器、という多様な要素がちりばめられていることが、今日の配置だからこそよく分かる。とりわけ圧巻は井野邉大輔率いるヴィオラ。弱音ながらも装飾音符がクリアに描き出され、生物の蠢きのような存在感があった。そしてフィナーレに突入した瞬間、福田えりみ率いるトロンボーンの神々しい響きが、神が降臨したような強い印象を放った。つまり音楽史上に燦然と輝くこのブリッジは、生物が蠢くカオスから、神による秩序立った世界への移行を描いた、いわばベートーベン版の『天地創造』とさえ言えるのではないか、と感じた。
 これから地球はどうなってしまうのか、全く想像がつかない。しかし今日は、この状況だからこそ聴けた音楽、この状況にならなければ聴けなかった音楽に、間違いなく触れることができた。
posted by シャーリー at 12:09| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする

2020年04月07日

【重要】演奏会延期のお知らせ

6月28日に開催を予定しておりました第47回定期演奏会ですが、新型コロナウイルス感染症になかなか収束がみられない現状において、お客様やその他演奏会に関わる全ての皆様の安全を考慮し検討した結果、誠に残念ではございますが「延期」とさせていただくことになりました。 
演奏会をお待ちくださった皆様には謹んでお詫び申し上げます。何とぞご理解を賜りますようお願い申し上げます。
 
なお今回の演奏会は来年の春(2021年6月を予定)に延期し、第48回定期演奏会として内容を変えずに開催予定です(会場は未定)。
今後のスケジュールは下記の通りとさせていただきます。それぞれ詳細につきましては改めてご案内させていただきます。

今後とも京都フィロムジカ管弦楽団をよろしくお願いいたします。


今後のスケジュール

■第47回定期演奏会 
2020年12月27日(日) 14時開演
長岡京記念文化会館・大ホール
♫曲目  
 グリーグ/ペールギュント第1.2組曲より 
 高田三郎/狂詩曲より 
 チャイコフスキー/交響曲第6番「悲愴」
♫客演指揮  滝本 秀信

■第48回定期演奏会←今回の延期分
2021年6月(予定)会場未定
♫曲目  
 グラズノフ/祝典序曲 
 ハイドン/交響曲第100番「軍隊」 
 チャイコフスキー/交響曲第2番
♫客演指揮  葛城 郁也
posted by ひつじ at 17:59| Comment(0) | 練習風景 | 更新情報をチェックする