2019年05月26日

平成の管弦楽作品といえば・・?

この5月1日で平成が終わり令和という新しい元号が始まりました。

そこで平成を振り返ってこの時代にできた管弦楽作品にどのようなものがあるかと振り返ると、いわくつきの佐村河内守作曲の交響曲1番「HIROSHIMA」が真っ先に出てきてしまいますね(筆者は割と好きではありますが…)。
この作品は聞かれた方も多いと思いますので、それでは昭和の最後もしくは平成の最初となる1988〜89年にどのような作品ができたか調べてみました。

手元にある民音現代作曲音楽祭のCDで残念ながら89年のものがなかったので、昭和最後の年となる88年のものを聞いてみました。

・中川俊朗 合奏協奏曲第2番

・西岡龍彦 「闇のなかの黒い馬」

・土田英介 交響的譚詩

まあどの曲もいわゆる”現代音楽”で、一聴してどんな曲なのかなんてさっぱり分からないですが、土田作品は冒頭のメロディの楽想から作曲に取り掛かったと言うだけに比較的聴きやすいメロディが感じられ、どこかラヴェルとラフマニノフを足したような音創りで、こういう時代の作品が苦手な人も聞いてもらえるかな?と感じます。
余談ですが、中川俊朗氏はピアニストとしても達人で、以前某管楽器のソリストの伴奏で非常に難しそうな現代作品の伴奏をさらっと弾いておられました。こういった音楽に興味のある方は宜しければ聞いてみてください。
posted by みぽ at 10:12| Comment(0) | 音楽談義 | 更新情報をチェックする

2017年12月20日

陽気な田舎のおじさん…?

先日の練習は管と弦に分かれてのセクション練習でした(・ω・*)
弦は人数が少なかったので、練習したいところを練習する、といった感じで自由にやっておりました◎
で、練習したのが、ドヴォルザークとブラームス。
時間がなくてブルックナーはさらえませんでした(・ω・`)

なんかブルックナーだけ除け者にされちゃってかわいそうなので、ここでお勉強することにします(・∀・´)
さて、今回わたし達が演奏するのは序曲ト短調なわけですが。
どういった曲なのでしょう?
知識に乏しいちぇろぱんだでは答えが出ないので、ブルックナー愛好家の遠藤さんに質問してきました!笑

Q1.いつごろ作られた曲なんですか?

 1863年に完成した作品で、この時ブルックナーは38歳でした。この年齢はモーツァルトやシューベルトが亡くなった年齢よりも上ですが、大器晩成だったブルックナーにとっては作曲家としての「青年時代」に当たります。彼にとって、ほとんど最初に作曲したフル・オーケストラ作品と言えます。

Q2.そもそもブルックナーとはどういう人物なんですか?

 ブルックナーは19世紀オーストリアの作曲家で、壮大な交響曲や慈愛に満ちたミサ曲などを作曲しました。風光明媚な農村で生まれ育ち、幼少期からカトリックの教会でオルガンを弾いていました。信仰心の篤い人でしたが、ビールが大好きという一面もあり、陽気な田舎のおじさんという雰囲気だったのでしょう。このためブルックナーの音楽は、大聖堂でオルガンが鳴っているような壮大な響き、農村風景のようなおおらかさ、神様への憧れに満ちた旋律、農村のお祭り騒ぎのような力強さ、などが特徴です。

Q3.この曲が作られた背景には何かストーリーとかあるんですかねぇ?

 作曲当時、ブルックナーは地元で有名な指揮者に弟子入りして音楽を勉強中でした。実はこの曲は、作曲の練習のために書かれた曲なんですよ! それでこんなに素晴らしい曲を書いてしまうなんて、やっぱりブルックナーは凄い作曲家ですね。

Q4.この曲の聴きどころは?

 Q2で書いたようなブルックナーの魅力が、わずか10分の作品の中にコンパクトにまとまっているのが良いですね。「ブルックナーは長すぎて嫌だ!」(交響曲は演奏時間がどれも1時間以上かかります)という人に特にお勧めです。それに加えて、作曲家としての「青年時代」の作品だけあって、若々しい躍動感があるのも、この曲ならではの魅力ですね。

image1.jpeg

陽気な田舎のおじさんブルックナー、、、なんか親しみやすくていいですね♪
質問しながら、わたしが一番勉強させてもらいました笑
posted by ちぇろぱんだ at 21:27| Comment(0) | 音楽談義 | 更新情報をチェックする

2017年06月21日

サマーセット・ラプソディ/ホルストについて

結構前のことなんですが、サマーセット・ラプソディの練習の時に、滝本先生がこの曲のイメージについて仰っていたことが、私の中でとてもお気に入りなので、演奏会前にみなさんにも広めてみます◎

まずは冒頭(Sheep Shearing Song)。
オーボエの憂うようなメロディ。これは吟遊詩人が旅をしながら竪琴を片手に歌っているのだと。
そこにこどもがやってきて、「昔話をしてあげよう」と吟遊詩人はこどもに語りはじめます。

・力強い音楽(High Germany)。
あるところにたくましい青年がおりました。
青年は足を踏み鳴らしながらたくましく踊ります。

・同じメロディで今度は高らかで軽やかな音楽に。(High Germany)
青年に答えて、女性が踊ります。
そして2人は恋に落ちました。

・美しくも切ないメロディ(The True Lover's Farewell)
結ばれた2人はしかし、戦争によって引き裂かれることに…。
青年は愛する人を置いて戦地へ行ってしまい、戻ってくることはなかったのでした。

・転調して元のメロディに戻る(High Germany)
楽しいこともつらいこともあるけど、時は流れていきます。
人生とはそういうものなのです。

・冒頭の音楽に戻る(Sheep Shearing Song)
吟遊詩人のお話はここで終わり。こどもは「おじちゃん、お話ありがとー!」と言って帰っていきます。
吟遊詩人もまた歌いながら去っていくのでした。

この情景を思い描きながらこの曲を聴くと、なんとも言えない気持ちになるのです。
ぜひ、みなさまも当日足をお運びいただきましたら、この情景を感じてみてください(*^ ^*)
posted by ちぇろぱんだ at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽談義 | 更新情報をチェックする