2019年06月20日

第45回定期演奏会~終演~

DSC_0650.jpg

6月16日、京都フィロムジカ管弦楽団第45回定期演奏会が終演しました。
足元の悪い中でしたが、たくさんのお客様にご来場いただきましたこと、団員一同、お礼申し上げます。

さて、演奏会の始まりは、プレコンサートから◎
いつもならロビーで行うのですが、今回は舞台上からお届けしました。
木管アンサンブルで「山の音楽家じゅんばん協奏曲」♪

IMG_9318.JPG

金管アンサンブルで「序奏とロンディーノ」♪

IMG_9317.JPG

誰もが一度は聴いたことがある曲がいくつも現れたりして、楽しんでいただけたのではないでしょうか。

プレコンサートの後、いよいよ演奏会本番を迎え、ベルリーズの序曲「海賊」、シューマンの交響曲第4番(初稿)、ニルセンの交響曲第2番「4つの気質」の3曲を演奏しました。
どれも本番直前までてこずっていましたが、本番で最高の演奏をお届けすることができました。
わたしはフィロムジカにかれこれ6年ほどいて、最近気づいたんですけど、フィロムジカって、本番前どんなに最悪な状態でも、なんだかんだ本番で一番良い演奏になるんですよね。笑

とまぁ、そんなこんなで終演を迎えた第45回定期演奏会でした。
聴きにきてくだっさたみなさま、たくさんのお力添えをいただいたエキストラ奏者のみなさま、そして本番まで熱くご指導くださった指揮者の木下先生、コンミスの坂先生、トレーナーの岩井先生、山﨑先生。
フィロムジカはたくさんの方々に支えていただいて成り立っています。
たくさんのご支援を、本当にありがとうございました。

次の第46回定期演奏会は2019年12月22日(日)!
八幡市文化センターにて、リムスキーコルサコフ/交響曲第3番、ドヴォルジャーク/交響曲第8番です◎
posted by ちぇろぱんだ at 23:17| Comment(0) | 演奏会の様子&アフター | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

3/3明倫ワークショップ♪

今回からブログを団員持ち回りで書くことになったそうです。ということで、初めまして、フルートのKです。
フィロムジカでは半年の活動中、3ヶ月を京都芸術センターの制作室をお借りして練習しています。ここを借りるには、すでに公演行うことが決まっていること、借りている間に地域の方に向けて活動を紹介するワークショップを行うことという約束事があります。フィロムジカではワークショップは団員有志によるアンサンブルコンサートを行っています。
桃の節句の本日、ちょっぴり雨模様でしたが定員20名のところ、18名のお客様をお迎えしてワークショップを開催しました。

今回のプログラムはこちら。

2791B699-BA2B-4BFC-ACA9-B62BFA69ADB1.jpeg

知られざる名曲をお届けするフィロムジカにしては有名曲ばかり!?
いやいや。
メヌエットはフルートソロではよく演奏されますが、二重奏で聴く機会は滅多にないと思いますし、金管四重奏も原曲はトロンボーン4本の曲が、ホルン2本、トロンボーン2本、木管五重奏も普通はフルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルンという編成ですが、ファゴットの代わりにバスクラリネット。そして木管、管楽九重奏はフルート2本、オーボエ、クラリネット、バスクラリネット、ホルン2本、トロンボーン2本という編成でメンバーのMさんの編曲によるフィロムジカオリジナルヴァージョンでした。名曲を珍しい編成でお送りしました!あ、フンクは知らない方も多いでしょうがチェロ弾きには有名な作曲家ということでした。

A96B4822-8FB9-40A5-9475-CA95AB83DE12.jpeg E41C6644-87C2-4F1C-A2F4-F46F20286753.jpeg

2A3DC6B5-064C-4A30-AC13-4F5E619BF496.jpeg 13D5C640-4267-494C-9C58-4596616C0DBD.jpeg

8462DA93-6697-43E0-BB9F-70D2AA82460F.jpeg

お客様からいただいたアンケートは思っていたよりも好評をいただき、その後の練習も気をよくして臨むことができました。
posted by 京都フィロムジカ管弦楽団 at 23:01| Comment(0) | 演奏会の様子&アフター | 更新情報をチェックする

2019年01月01日

定期演奏会終了&あけました。

あけましておめでとうございます。
今年も、京都フィロムジカ管弦楽団をどうぞよろしくお願いいたします。

さて、定期演奏会の報告もしないまま年を越してしまいました(>_<)
先日、大規模演奏会と位置付けてびわ湖ホールで定期演奏会を開催しましたところ、たくさんのお客様に来ていただきました。
寒い日でしたが、会場に足をお運びいただきましたみなさま、本当にありがとうございました。
ラフマニノフのユースシンフォニー、本番で一番良い演奏ができたように思います。
一番最後の突然の曲の終わりに、客席のみなさま戸惑ったのか拍手が起こらず(笑)
常々「え、終わったの!?と客席に思わせるような、突然の終わり方ができるように」と言っていた代振りの団内指揮者はきっと満足していることでしょう(笑)
ブルックナーの交響曲第5番は、もうとにかく長い!!
途中でいろいろと危ういところはありましたが、さすが池田先生、すぐに軌道修正をかけてくださいまして、なんとか止まることもなく弾き切ることができました。
ちぇろぱんだはこれで3回目の大規模演奏会を経験したことになるのですが、ここまでしんどかった演奏会はないかもしれない。
しんどかったけど、こんな滅多に演奏することがない曲をできたのはとても良い経験になりましたし、なにより、結果、楽しかったです!

今年もフィロムジカは前進あるのみ◎
色々とあの手この手で作戦を立てながら、進化していきますよー!!
posted by ちぇろぱんだ at 21:33| Comment(0) | 演奏会の様子&アフター | 更新情報をチェックする