2020年06月27日

遠藤啓輔のコンサート日記 2020.06.26

 大阪フィルに桂冠指揮者・大植英次が登壇しベートーベンを演奏。我らが岩井先生ももちろんご出演(2020.06.26。フェスティヴァル・ホール)。
 巨大なフェスティヴァル・ホールの舞台をいっぱいに使って奏者が疎らに着席。弦楽器も一人につき譜面台1台を使用する。興味深かったのはコンサートマスターの須山暢大が、まるでオペラのピットのように一人だけ雛壇上に着座していたこと。これだけ離れて配置されると、やはりコンサートマスターを見にくくなるのだろうか。
 柔軟で表現の引き出しが多い大植は、このやむを得ずに取られた特殊な配置に相応しいスタイルでベートーベンを演奏。ベートーベンには目くるめく変化をスピードで押しまくって聴衆を圧倒するスタイルもあるが、今日はその逆のスタイル。遅めのテンポで各セクションの音を浮かび上がらせる演奏だった。音それ自体の美しさと、一人一人の奏者の自立した表現力を特長とする大阪フィルが、広い舞台を広く使って陣取っているのだ。各セクション、各奏者の表現力を目いっぱい堪能できる遅めのスタイルを取ったのは慧眼だ。同時に、どのようなスタイルの演奏にも対応し得るベートーベンの音楽の強靭さを再認識させられた。
 この配置は予想外の効果も発揮した。疎らに陣取った弦楽器群の隙間から、木管の音色が雄弁に届いてきたのだ。オーケストラの音色の奥行きは木管が左右するのに、それに比べて弦楽器が強すぎる、という印象を持つことが多い。しかし今日は、いつものように大フィルの弦楽器が強力に鳴りながらも、木管もしっかりと前面に出て豊かな色が実現していた。
 また大植は、歌う部分は奏者の自発性に任せる一方で、トッティ部分では楽譜に無いアクセントを適宜加えて推進力と重量感を加えていた。
 1曲目の第4交響曲の冒頭は、この配置とテンポだからこそ、前衛性が引き立つ。また特に第2楽章では、個性豊かな木管の各奏者の表現力が生きる。とりわけこの楽章の2大主役である金井信之(クラリネット)と小林佑太朗(ファゴット)が、明るい中にもほんのりと寂しさを感じさせる、静謐な存在感を出していて見事。離れて着座したからだろうか、静かな部分に緊張感があり、それが心地よい。冗談音楽的な表現も可能なフィナーレも、今日は音の美しさと音楽の立派さを重視したスタイルを取った。
 休憩はせず、管楽器奏者のほとんどを入れ替えて第5交響曲を演奏。今日のスタイルだと、何度も聴いたこの曲から新たな魅力がどんどんと湧き上がってくる。第1楽章はリズムの魅力が印象的だと思っていたが、今日の演奏では旋律や音色の魅力にも気づく。繰り返される冒頭音型が、その度ごとに楽器の構成を異にして目くるめく色彩の変化を持たせていたことが良く分かった。第2楽章では、田中美奈率いる第2ヴァイオリンが、107小節目からのごく短いフレーズを魅惑的に演奏。ベートーベンはなんて美しいんだ!と素直に感動する。またこの楽章では堀内吉昌のティンパニが生々しい人間味を前面に押し出す。大森悠のオーボエが、16分音符を吹いているだけなのにその音が無上に美しい、というのもまさに大フィルのサウンドだ。そしてやはり圧巻は、第3楽章からフィナーレへの移行部分。静謐な中にも、アルコの弦楽器、ピッツィカートの弦楽器、木管楽器、という多様な要素がちりばめられていることが、今日の配置だからこそよく分かる。とりわけ圧巻は井野邉大輔率いるヴィオラ。弱音ながらも装飾音符がクリアに描き出され、生物の蠢きのような存在感があった。そしてフィナーレに突入した瞬間、福田えりみ率いるトロンボーンの神々しい響きが、神が降臨したような強い印象を放った。つまり音楽史上に燦然と輝くこのブリッジは、生物が蠢くカオスから、神による秩序立った世界への移行を描いた、いわばベートーベン版の『天地創造』とさえ言えるのではないか、と感じた。
 これから地球はどうなってしまうのか、全く想像がつかない。しかし今日は、この状況だからこそ聴けた音楽、この状況にならなければ聴けなかった音楽に、間違いなく触れることができた。
posted by シャーリー at 12:09| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください