2019年10月06日

時代。

このBlogを最初に立ち上げたTakです。
Blog運営が軌道に乗った後は、ちぇろぱんだちゃんをはじめ、
後進に任せていましたが、依頼を受けて久々の投稿です。

さて。今年は令和元年。
「昭和生まれ」は、なんとなく語感だけで
古い世代になってしまったような気がします…。

私たちの演奏する音楽は「クラシック」と呼ばれますが、
いったいいつごろの曲なのでしょうか…。

次回の演奏会に向けて私たちが取り組んでいる曲は…

■ リムスキーコルサコフ/交響曲第3番
初演は1874年、和暦では明治7年。
板垣退助らによって民選議院設立建白書が提出された年。

■ ドヴォルジャーク/交響曲第8番
初演は1890年、和暦では明治23年。
第1回衆議院議員総選挙が行われた年。京都では、琵琶湖疏水が完成した年。

日本では明治初期から中期ごろです。
(この2曲の初演の年の間に、日本では自由民権運動が盛り上がっていたんですね…)

我々、演奏に際して作曲家を取り巻く時代背景を考えることはよくありますが、日本史に照らすことはなく、ドヴォ8初演が琵琶湖疏水完成と同じ年って意識したことありませんでした。(少なくとも私は…)

ちなみに、リムスキー=コルサコフと同い年の日本の著名人には陸奥宗光、ドヴォルジャークと同い年には伊藤博文がいるそうです。

時代感、伝わりましたでしょうか?
今から130年後、現代の音楽はどのように扱われているのでしょうね。
posted by 京都フィロムジカ管弦楽団 at 01:02| Comment(0) | ちょっとしたつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください