2019年03月22日

閑話休題。

こんにちは。バイオリンでセカンドを務めておりますIです。

音楽の話は皆さんされておりますので、僕はちょっと閑話的なことを書かせてもらおうかなと思います。


最近暖かくなってきて、道を歩いていると草花の芽吹きを感じますね。


僕は、もしもの時がきたらこういった草も食べなければいけないのかななどと考えながら足元の緑に目をやることが多いです。


タンポポやオオバコなど、葉が地面に近い位置にある植物は食べられることが多いようですが、土壌からの汚れを受けやすいので、食べるときはよく洗って、できれば加熱するのがよいでしょう。


よく花壇で目にするパンジーも実は食べることができ、特に花の部分を料理に添えることがしばしばあるようです。

他にもラベンダー、マリーゴールド、キンギョソウなども食べられるとのことで、一度花だけで作ったサラダとか食べてみたいなぁと思いました。


しかしよく考えたら桜や食用菊、タンポポなどの花は食卓でもよく目にするので、外国の花は食べられないというのは偏見かもしれませんね。

posted by 京都フィロムジカ管弦楽団 at 23:05| Comment(0) | ちょっとしたつぶやき | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください