2019年01月01日

♪遠藤啓輔のコンサート日記♪~2018.12.29・30

音楽監督・尾高忠明によるベートーベン・ツィクルスの最終回は9番。我らが岩井先生も勿論ご出演。(2018.12.29・30。フェスティヴァル・ホール)

 大フィルのシェフになってからの尾高は、これまでの端正なイメージに、情熱を暴発させる破天荒さが加わったように思われる。今日のベートーベンも、第1楽章からインテンポを維持し、フレーズの終わりのカデンツも生真面目に決める形式美を堅持。しかしながらその形式の枠の中を、音楽のエネルギーが荒れ狂うように暴れまわる。たとえば宮田英恵率いる第2ヴァイオリンの轟然たる刻みが音楽に肉厚な魂を吹き込む。第1楽章での刻みの活躍は予想通りだが、第3楽章における刻みの凄みは予想外の素晴らしさだ。

 第2楽章では、中村拓美の地底にまで突き刺さるようなティンパニの音色が作品に相応しい。そしてトリオでは今日最高の美しい響きが聴かれた。トロンボーンを主体とした金管が2分音符を刻む場面で、通常の演奏では同じく2分音符を刻んでいるはずのヴァイオリンが、今日は全音符を弾いていたのだ。大フィルならではの「音それ自体が美しい」ヴァイオリンの響きと、その上に乗る神聖な金管の刻み、という立体的な美しさを実現していた。終演後に演奏者に確認したところ、新版の楽譜に拠ったとのこと。

 第3楽章は、第1主題部から第2主題部へと移る瞬間の妖艶な音色に魅了された。シベリウスを得意とする尾高の個性がこの一瞬に現れていたように思われる。また、野津臣貴博と大森悠の木管デュエットを頭一つ突き出して強調し、コンチェルト・グロッソ的な面白さを引き出す。一方で高橋将純のホルン・ソロは遥か彼方からかすかに聞こえてくるような柔らかい弱音が滑らかに流れる。

 第4楽章は、福島章恭が指揮者になってからの発展が著しい大阪フィル合唱団の魅力が全開。たとえば、テノール福井敬が先導するトルコ・マーチはバッカナール的に豪快。対照的にフーガの直前は、シベリウス的に静謐で妖艶な響きを聴かせる。また、尾高の特徴の一つは、バストロンボーンが鳴る直前の大合唱におけるスフォルツァンドの強調だが、これがトランペットのファンファーレと結びついていることがよくわかり、実に説得力があった。そして最後の合唱を支える弦楽器の全弓による伴奏の音色が素晴らしく、交響楽団と合唱団という2つの大阪フィルが一体となっての名演であることを刻印した。

 尾高忠明は個人的に非常に思い入れのある指揮者だ。僕の二十歳の誕生日をブルックナー9番の至高の名演で祝ってくれた恩人であり、朝比奈隆逝去後も大フィルのブルックナー・サウンドが健在であることをやはり9番で知らしめてくれた巨匠である。尾高忠明と大阪フィルという僕が最も愛する指揮者とオーケストラの、来年以降のさらなる活躍が楽しみだ。
posted by ちぇろぱんだ at 21:36| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください