2018年03月31日

♪遠藤啓輔のコンサート日記♪ 〜2018.3.31

飯守泰次郎と関西フィルのブルックナー・ツィクルスもついに8番まで来た。

今日の演奏の第一印象は、各セクション・各奏者それぞれの発する音に生命力があったこと。作品が巨大な一つの生命体になるのではなく、各音がそれぞれ生命体となっており、そうした多様な生命の集まりによって活力あふれる社会のような作品が出来上がっていたという印象だ。最近(特にシャルク改訂版の5番を聴いて以降)、僕がとみに思うのは、オーケストレイションが簡潔なブルックナーの管弦楽曲は、各奏者に求められる自発的表現の比重が大きく、奏者一人一人が生き生きとした表現を前面に出す必要があるということだ。シャルクら弟子による改訂版では各楽器が複雑に絡み合ったオーケストレイションがなされているため、奏者は巨大なオーケストラの構成部品の一つに徹することが求められており、自発的表現をする余地は少ない。今日の演奏では、ブルックナーの原典版(今日はノーヴァクの第2稿による)にこそ求められる生命力が、見事に前面に出ていた。故・宇野功芳がしばしば使った「切れば血の出るような」という誉め言葉はこのような演奏に使うのだろう。そうした自発性の行き過ぎと、決してテクニカルではない飯守の棒のため、テンポが変化する箇所では各セクションが弩派手にズレることがしばしばあった。しかしそうしたズレは、「小さな傷でしかなかった」どころか、むしろ、今日の演奏に好印象をもたらす魅力の一つでさえあるように思われた。このズレは、多彩で個性豊か生命たちが、形式の枠からはみ出さんばかりに動きつつ巨大な作品に結実するという、ブルックナーの豪放な個性の発露と感じられたからだ。「オーケストラのオーヴァー・クオリティーはブルックナーにはマイナス」という金子建志先生の言葉が実によくあてはまる。

また、飯守のブルックナーは、動的なテンポ変化と、フレーズの切りの鋭さも個性の一つである。

ブルックナーの場合、テンポ変化の大きい演奏をすると前後の脈絡のつながりが無くなったり、主題がねじ曲がって不格好になったりする危険性が伴うが、ヴァーグナーの第一人者である飯守は説得力のあるテンポ変化はお手の物。象徴的だったのが、フィナーレの第2主題から第3主題への受け渡し。第2主題を締めくくる中山直音のティンパニが、突然、快速テンポになって走り出す。「えっ?」と思ったのも束の間、中山が示したそのスピード感で第3主題が走りだした。飯守は譜面台を置かずに完全に暗譜で指揮。音楽の動きが完全に血肉になっていたのだろう。

あるいはフレーズの切りの鋭さ。これによって、対置されたブロックの個性の違いが一層鮮明になる。例えば第3楽章でTに入る部分の天国的幸福感はその直前を鋭く切っていたからこそだ。あるいは終楽章第2主題提示部での鳥のさえずり。歌い出す河本朋美(フルート)も、それに答える梅本貴子(クラリネット)も、鋭く歌い切ることで、かえって冷徹な自然描写になっていた。てっきり飯守の指示で鋭く切っていたのかと思っていたが、演奏後に梅本に確認したところ、この箇所に飯守からの指示はなく、2人とも自発的にこのような表現をしたとのことであった。飯守の求める音楽が関フィルに根付いていることの表れだろう。すばらしい。

そして何と言っても、飯守ならではの響きの音質が素晴らしい。木綿のような音質と言ったらよいのだろうか?どこかザラつきを感じさせる枯れた響きであるが、それがむしろ心地好く、温かみを感じさせる。飯守はブルックナーに限らず、ヴァーグナーでもスメタナでも同じように木綿の質感を持った音を出すが、ブルックナーの場合は、この音質が、音楽の温かさや親近感につながっていくのだ。宇宙が鳴動するような場面も、神が怒りの雷を落とす場面もあるが、最後に心に残るのは、明るい農村で生まれ育った純朴なアントンおじさんの温かい音楽、という印象なのだ。たとえばフィナーレ。細分化された主題の要素が飛び交う展開部Zは、通常はその前衛性に瞠目する箇所なのに、今日は温かさに涙した。あるいは第3楽章Mの後半、簡潔な弦のアンサンブルに、2本のクラリネットが単純なロングトーンで加わる、ただそれだけの音色が、とてつもなく温かく優しく、「これこそブルックナーの音だ」と感じた(なお、この箇所は梅本も気に入っているとのことだった)。

第1楽章は形式の堅牢さを生命力のほとばしりが覆い隠すかのような感情の自由な発露が魅力的であったが、音楽の律動をしっかりと踏まえた地に足の着いた表現もぬかりがない。例えば冒頭、第1主題のトロンボーンによる反復が、1小節ごとに力を増していくように聴こえ、小節線は単なるキロポストではなく、音楽に力を与える重要な要素だ、ということを再認識させられた。あるいは第1主題の圧倒的な再現部、ホルンのリズムが支配的になる242小節目で、第1ヴァイオリンの半音階上昇をもしっかりと鳴らし、音楽に色彩感を与えていた。そして圧巻は、カタストロフィでの中山のティンパニ。地中まで突き刺さるような重い轟音で、神の鉄槌を思わせた。最後は中島悦子率いるヴィオラが明確な音色で下降音型を縁取った。

第2楽章は弦のトレモロが動的。音程が変わった瞬間に強めに弾いて色彩を明確にするのはブルックナー演奏の鉄則だが、今日の飯守は強めに弾いた瞬間にスビート・ピアノしてしまう。これによって、ブルックナーの野人性の中に、シベリウスのような夢幻性までも加わることになった。また、主部のクライマックス以上にブリッジ部分も魅力的。特に89・90小節では、増永花恵を隊長に切り込んでくる第2ヴァイオリンの上昇音型が圧倒的印象を残し、上昇音型が頻出する次の楽章への伏線となっていた。また、こうした箇所における中山のティンパニには歌を感じた。トリオでは、ハープが指定通り3台使用しているだけあって、ふくよかな立体感を出していた。

第3楽章は響きのブレンドと肉厚な立体感が良い。岩谷祐之ら3人のソロ・ヴァイオリンは野太い音色でトゥッティとよく馴染み、響きの中から立ち上がって響きの中へと帰っていくようだった。また、松田信洋率いるヴァーグナーテューバ5重奏も非常によくブレンドされていたが、ここではむしろ、それを支えるヴァイオリンのトレモロの動的な生命力の印象が強かった。そして、ハープの上昇音型を支える弦の伸ばしもまた動的。よくあるタイプの減衰型ではなく、盛り上がってから減衰するようなヴォリューム豊かな演奏だった。

フィナーレの第1主題は、第1楽章のそれと同様に、1小節ごとに力感を増していく様相が圧倒的。また、前述のように第3主題の快速ぶりが印象的だが、これは同時に、同じリズム音型による展開部のマーチも快速になることを意味する。中山の凄みのあるティンパニが快速でリードするマーチは圧倒的で、このような重厚でありながら快速でもあるマーチが演奏できるのはインバルと飯守だけではあるまいか。そして驚かされたのは最後の最後。朝比奈隆を始め多くの指揮者が倍以上のリテヌートによって下降する16分音符をたっぷり引き伸ばすのに対し、飯守はなんとマタチッチのようにイン・テンポですっ飛ばして終わったのだ。僕は朝比奈タイプの演奏の方が好みだが、今日の飯守の演奏では、「このテンポ以外に考えられない」と感じ、大いに満足した。なぜなら、このあっさりした終わり方の方が、「陽気で純朴なアントンおじさん」にふさわしいと思われたからだ。
posted by ちぇろぱんだ at 23:00| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。