2018年01月27日

♪遠藤啓輔のコンサート日記♪〜2018.1.19〜

 飯森範親がついに大阪でもブルックナーを指揮。オーケストラはもちろんセンチュリー響で、曲は第4交響曲(シンフォニーホール)。

 弦の編成はいつものセンチュリーのままで、第1ヴァイオリン10、コントラバス4の小ぶりな弦楽器編成。近藤陽一が小ぶりなF管テューバで吹いたこともあり、弦楽器が少人数でも管楽器とのバランスが良い(管・打楽器は補強一切なし)。そして弦楽器の配置が面白く、古典配置にしたうえに、コントラバスを舞台奥(金管の後ろ)に一列横隊に並べる。そのため、ティンパニはシモテ雛壇下に陣取る。ホルンもシモテで、音域が近いチェロと至近で合理的(しかし、逆に敢えてチェロと逆のカミテに配してステレオ効果を狙っても面白かったかもしれない)。この配置が見事に生きて、少人数の弦楽器にもかかわらず、管の音色を弦の艶やかな響きでくるみ込む芳醇なブルックナー・サウンドを、小規模オーケストラならではの透明感も備えながら実現した。至近に陣取ったコントラバスとトロンボーン・テューバの一体化した響きやアンサンブルも良い。対向配置のヴァイオリンは、とりわけフィナーレでオーケストレイションの面白さを際立たせる。

 飯森の解釈は、ロマン派的に大きくうねる動的なテンポ変化を程好くつけながらも、バロック的に角の立った硬質な音で要所を締める。そればかりでなく、つぶやきのような極限のピアニシモをも織り交ぜ、前衛音楽のように慄然とさせるイメージまでも表現した。このようにして、「この音楽はどこから来たのか?いつの時代の物なのか?」という平野昭の言葉を髣髴とさせる、時代を超越したブルックナーの異能ぶりを存分に感じさせる演奏となった。また、各フレーズの終わりをテヌート気味にしっかりと粘り強く鳴らしていたのも印象的で、都会的ではない土に根差した力強さを感じさせた。楽員の話では、飯森がオルガン的音響をイメージして求めたことだそうだ。

 版は「ハース版とノーヴァク版の良い所を混ぜる」という、意味不明の予告がなされていたが、何のことはない、聴いてみたら単なるノーヴァク版だった。それよりもむしろ、飯森独自の改変の方が印象的だ。第1楽章のKの冒頭で、トランペットが楽譜には無い高音を吹いて「あれっ?」と感じた。終演後に首席トランペットの小曲俊之に確認したところ、飯森の指示だとのこと。飯森の目的は恐らく、ブロックの締めくくりの終結感を弱めようとしたのだろう。原典通りだと、音楽のブロックが下降音型によって締めくくられるので、まるで曲が終わったかのような落ち着きを感じさせる。終わっても終わっても音楽が再生する、というのがブルックナーの特徴ではあるが、ブルックナー自身も、あまりに終結感が強くならないよう改変することがあった。例えば8番アダージョの最後のホルンは、初稿では下降音型で落ち着いて収束するが、第2稿では次の楽章への展開を期待させる上昇音型で終わっている。ブルックナー自身が試みた試行錯誤を、飯森が追体験していると言えよう。実際この部分では、次なる天国的コラールに向けて音楽のボールを放り投げているように感じられた。ちなみにコラールは、フレーズを締めくくるホルンの豪放な鳴りっぷりと、丸山奏がパワフルに牽引するヴィオラが相まって、動的で生命力のある表現だった。

 第2楽章もヴィオラのパート・ソロが秀逸。長いフレーズをそのまま弾くのではなく、一つのフレーズの中に見える陰と陽をしっかりと弾き分けていた。これは、前述したような、異なるスタイルを併呑した今日の飯森のスタイルを体現したものと言える。また、ホルンをはじめとする前衛的な和音の色彩感がこの楽章で特に生かされていた。

 スケルツォは、終結近くのトランペットのポリリズムなど、前衛音楽的側面が強調され、まるで未来から来た音楽のように感じられた。また、この楽章では嬉しいボウイングが見られた。トランペットとホルン・トロンボーンの掛け合い部分での、トランペットを支えるヴァイオリンのトレモロ。このトレモロの最後をアップ・ボウで締めくくったのだ。児玉宏/大阪響がこのボウイングを取って以来、気にするようになったのだが、今日、久々にこのボウイングで聴く(見る)と、音楽のボールを勢いよく次に向かって投げているように感じられた。つまり、第1楽章におけるトランペットの独自改変と同じ、一貫した飯森のスタイルがこのボウイングに表れているのだ。実際これは飯森の肝煎りのようで、サインをもらう時にこのボウイングが良かった旨を伝えると、飯森は相好を崩して喜んでいた。

フィナーレでもボウイングの面白さに魅了された。ほとんどの楽団が守ってくれない、ブルックナー指定の連続ダウン・ボウを、飯森は期待通り順守。それに加えて、ダウン・ボウの指示の無い音符は逆に徹底した返し弓で演奏し、音の粘り強い連続性を強調。ロマン派的な濃厚な流れを持ったフレーズが、バロック音楽的な鋭い音の打ち込みによって締めくくられる、という、時代を超越した破格の表現になった。
posted by ちぇろぱんだ at 14:33| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。