2020年07月17日

遠藤啓輔のコンサート日記 2020.07.16

延原武春率いるテレマン室内オーケストラの演奏会(2020.07.16、中之島の大阪市中央公会堂・中集会室)。
 もともと人数の少ないテレマン管が、さらに人数を絞り込んだ。弦楽器は各セクション2人(低弦はチェロとベースで合わせて2人)。弦楽器の左右の背後に、木管を2枚リードとそれ以外とに分けてステレオ配置。中央奥にトランペットとティンパニ(この3人だけ古楽器を使用)が陣取る(今日のプログラムのベートーベンは終盤にファンファーレがあるので、中央から力強く聞こえてきて効果的だ)。そして、チェロとティンパニ以外の全員が起立して演奏した。
 1曲目はサリエリの『オーラス兄弟』序曲。木管は2枚リードのみ、金管はホルンを使わずトランペットとティンパニのみ、という面白い編成。全体の核となるトランペットのファンファーレの旋律線をオーボエで補強しているというのが今日の配置だと良く分かる。明るく若々しい作品で、理屈抜きで楽しむことができた。
 続いて、ベートーベンの交響曲の第1番と第2番を(休憩をはさんで)続けて聴くという贅沢なプログラムを楽しんだ。弦楽器と木管が同じ人数というこの編成でどんな響きになるだろうか、と興味惹かれたが、やはりベートーベンは凄い、この人数ならではの楽しさがあった。改めて聴いてみると、ベートーベンのオーケストレイションは弦楽器と管楽器を対比的に扱っており、「弦が管楽器に隠されて聞こえなくなる」という場面がそもそも無いのだ。ベートーベンの構築的な音楽の立派さを改めて思い知らされた。
 また、チェロが主旋律を弾く場面では必然的にソロになってしまうので、コンチェルトグロッソのような雰囲気になり、バロックから続く音楽の歴史上にベートーベンもいる、と感じられた。一方で、ティンパニの独立した扱いは第1番の段階で既に大胆であり、早くも「ティンパニ協奏曲」的な前衛性があった。
もちろん、テレマン管の演奏スタイルも良かった。音の出だしはクリアに立ち上げるが、その後はあまり音を張らずに中集会室の芳醇な残響に任せる。これによって音が混濁せず、少ない人数ながらもそれぞれのフレーズがくっきりと浮き上がった。このホールを使いこなしているこのオケならではの表現だろう。
 交響曲第1番では、第3楽章のトリオで第1ヴァイオリンをリーダー浅井咲乃のソロにしたのが効果的だった。もともと管楽器主体に書かれたこのトリオ、ハルモニームジークにヴァイオリン弾きが即興で一人加わったかのような楽しさが強調された。フィナーレの冒頭もやはり浅井のソロにしていた。渋く深い浅井の音色が、「東西東西!これから楽しいフィナーレが始まりますよ」と自慢の美声を響かせる弁士のように思われて、楽しいベートーベンの音楽がいっそう楽しくなった。疾走する主部に入ってからも、弦楽合奏を時おり首席のみの四重奏にするなどの遊びを見せた。一方でトランペットは臆することなく強力なスフォルツァンドを鋭く決めるので(野太い音が違和感なく少人数オケに溶け込むのは長管の強みだ!)、このダイナミクスの幅は巨大編成オケに勝るとも劣らない。
 交響曲第2番は、トランペットとティンパニを休ませた第2楽章の音響効果が印象的。クライマックスでは『田園』を先取りしたような幸福感を得られた。そしてこの音響効果の印象は、第3楽章のトリオにおいてビックリさせるようにトランペットとティンパニが入る意外性を強調する役割も果たしていた。
 制限下でのコンサートが始まってからベートーベンを聴く機会が増えたが、今日もまた、制限下だからこその面白いベートーベンを聴けた。ベートーベンの音楽はその強靭さが、制限が大きければ大きいほど光り輝くのかもしれない。アンコールでは、フルート奏者の一人がトライアングルに持ち替えてトルコ行進曲を演奏。楽しいコンサートを最後まで楽しく盛り上げてくれた。
posted by シャーリー at 20:01| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする