2020年01月01日

♪遠藤啓輔のコンサート日記♪ 〜2019.12.28〜

 武満徹の作品ばかりを演奏するという至福の合唱コンサートを聴いた(2019.12.28。フェニーチェ堺・小ホール)。

 オープニングは武満自らが作詞した「小さな空」。旋律の跳躍に武満ならではの色合いがあり、「武満のメロディーは美しい!」と素直に感動。そして、武満の詞もまた素晴らしい。空を見ながら過去を回想する内容だが、つまりは時空の超越を歌った詞だと言える。最高傑作の『ファミリー・ツリー』を筆頭に、武満の作品は時空を超えた永遠性を感じさせるが、それは武満自作の簡潔な詞にも表れていた。武満の詞の簡潔な素晴らしさといえば、『〇と△の歌』も凄い。「地球は丸いぜ!」という至極当たり前のことを敢えて声にすることで、平和を愛したヒューマニスト武満の思いが見事に表れていた。

企画した小味渕彦之と指揮の西岡茂樹が要所でトークを入れており、これが実に的確でわかりやすい。この解説によれば、武満が書いた合唱のための曲は実は少ないとのこと。その数少ない合唱のための作品だという『風の馬』のインパクトが凄かった。女声のみ(2曲)、男声のみ、混声、の4曲構成で、そのほとんどが詩のないヴォカリーズ。女声の鋭さや男声の泰然といった、声それ自体の特性を見事に生かし、独特の和声を伴って複雑で魅惑的な音響世界が細密に織り上げられる。そして、詞(秋山邦晴による)がある第2曲は「羊を盗もうか?」という悪の囁きで閉じられ、ギョッとさせられた。

コンサートの中盤はピアノ伴奏が入ってのソロ曲。これらは、映画のための音楽などに由来するとのことだ。しかしそうだからこそ、武満の「歌」の数々には武満ならではの旋律の魅力が原色的に詰まっていると見て良いだろう。オーケストレイションの見事さに圧倒されがちなオーケストラ曲とはまた違った趣がある。武満の魅力は旋律の独創性にあるということを再認識させられた。

 西岡が指揮する合唱団はプロとアマチュアの混成によるこのコンサートのための合唱団とのことだが、前衛的な和声の色彩感と、感情が吹き上がるような底力のある表現が素晴らしい。僕にとっての今日のクライマックスは、『死んだ男の残したものは』だ。僕はこの作品が、人類史上の至高の芸術の一つに数えられると確信している。前奏のヴォカリーズから並々ならぬ怒りの感情が吹き荒れ、谷川俊太郎による凄みのある反戦歌を導く。「死んだ子供の残したものは、ねじれた脚と、乾いた涙」「死んだ兵士の残したものは、壊れた銃と、歪んだ地球。他には何も残せなかった。平和ひとつ、残せなかった。」。前世紀に作られたこの歌は、現代を歌う作品としてそのまま通用する。悲しいことに。

posted by ちぇろぱんだ at 11:07| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする

第46回定期演奏会終演

みなさま、あけましておめでとうございます。
ご挨拶が遅くなりましたが、先日、第46回定期演奏会を開催し、無事に終演いたしました。
足元の悪い中でしたが、たくさんの方々にご来場いただき、本当に嬉しく思います。
ご来場くださったみなさま、本当にありがとうございました!

今年も、フィロムジカは音楽への愛と情熱を持って、全力疾走したいと思います!
どうぞ、今年も我々フィロムジカをよろしくお願いいたします!
posted by ちぇろぱんだ at 11:03| Comment(0) | 演奏会の様子&アフター | 更新情報をチェックする