2019年10月22日

ふぃろの愉快な仲間たち〜トロンボーン〜

ふぃろの愉快な仲間たち*\(^o^)/*

6回目はトロンボーンからPさん◎

ふぃろの縁の下の力持ちどころか縁の上も力持ち!ふぃろには不可欠の存在です♪


♬いつからトロンボーンやってる?

    → 中学1年生の時からなので、もうウン十年になります。今でもよく飽きずに続けてるな思っています。


♬トロンボーンを始めたきっかけは?

    → 最初からトロンボーンが希望ではなかったのですが、ふと気がついたらいつのまにかやっていたという感じですね。


♬フィロ歴何年? フィロに入ったきっかけは?

    → 入団は2000年ですが、途中転勤のため89年ほど抜けていますので10年とちょっとですね。だから歳のわりにはそんなにベテランではないと思っています。

きっかけは、、、

ごめんなさい、全然覚えてないです。。。


♬トロンボーンのここが好き!

    → オーケストラにおけるトロンボーンは本当に出番が少ないのですが、登場するところはまさに「満を持して」というところが多く、その分プレッシャーもあるけど、とてもやりがいは感じますね。ただ出番が少ない分、選曲会議は毎回生き残りをかけた戦いになることが多いです(笑)


♬トロンボーンのここが難点!

    → 音を変える仕組みが腕で動かすスライドなので、細かな音符が続く旋律は少し苦手です。今回どちらの曲にもそんなところが少しあるので頑張って練習しています!


♬リムスキーとドヴォ、それぞれの曲のお気に入りの場所や、聞きどころを教えて!

    → リムスキーコルサコフの交響曲第3番は、彼の他の曲に比べ編成も大きすぎず派手なところはありませんが、ベートーベンに大きな影響を受けたと思われる作品の中にも彼らしさがチラチラと垣間見れるとても良い曲だと思います。

ドボルザークの8番はあまりに有名な曲だからこそフィロムジカが演奏するこの曲がどんな演奏になるのかぜひ楽しみにしていただければと思います。 


12月の定演、意気込みをどうぞ!

     → 「超レア曲」と「超有名曲」の組み合わせというフィロムジカらしいプログラムの今回の演奏会。団員はその対比を楽しみつつ日々練習に励んでいます。

(まだ詳しい事は明かせませんが)今回は演奏会の最初から最後までお楽しみいただける内容となっています。団員一同お待ちしておりますので12/22は八幡市文化センターまでぜひお越し下さい!


♬次のアンサーをバイオリン団員の中から指名してください。

     → ではINBくんお願いします。m(_ _)m


お写真はPさんの相棒のベストショットです◎


C3D9CD19-A793-4647-A5E3-91D8DC7E15C2.jpeg
posted by ちぇろぱんだ at 10:13| Comment(0) | ふぃろの愉快な仲間たち | 更新情報をチェックする