2018年04月22日

♪遠藤啓輔のコンサート日記♪ 〜2018.04.07

 尾高忠明の大阪フィル音楽監督就任披露公演。大フィルでシェフを勤めるための通過儀礼とも言うべき、ブルックナーの8番を指揮。もっとも、朝比奈隆逝去後、定期演奏会で最初にブルックナー(9)を演奏し、「大フィルのブルックナー健在!」を印象付けたのは他ならぬ尾高だ。むしろ待望の尾高/大フィルのブルックナー8番と言うべきだろう。

 第1楽章。響きの面からもポリフォニーの面からも、ブレンドされた深みを重視した演奏。例えば冒頭の金井信之(クラリネット)のソロは、無から静かに立ち上がるような吹奏。あるいは楽章最後の井野辺大輔率いるヴィオラの下降音型は、マルカート感を廃した模糊とした音色によって静寂へと溶け込んでいった。一方で、際立たせるべきものはクッキリと描き出してメリハリを付ける。筆頭が藤原雄一のテノール・テューバ。技術が安定しているのは当然のこととして、特筆すべきは朗々たる歌謡性と頭一つ突き出した存在感。ブルックナーの原典版に求められる、自発性に溢れた生命力を見事に体現していた。リズムもクリアに鳴らされており、例えばカタストロフィを形成する金管の「死のリズム」で細かい音符がきっちりと分割されて鳴らされていた。また、高橋将純(ホルン)のソロは全く不安がないので、広大な丘陵のようなイメージに浸ることができる。その高橋から大森悠(オーボエ)へとソロが受け渡される瞬間、ヴァイオリンのトレモロがスビート・ピアノされ、目に浮かぶ風景が遠景に変わる。ブルックナーの生命線である弦のトレモロの美しさは、大フィル最大の遺産として受け継がれている。圧巻はカタストロフィへの道程。一音一音、踏みしめるようにしっかりと鳴らしていくのだが、トレモロの弦楽器がその各一音の冒頭を長い弓幅を使ってしっかりと鳴らすのである。これも大フィルのブルックナーが誇るトレモロだ。

 スケルツォは先々への見通しが効いた演奏。5小節目のスビート・フォルテをしっかりと生かすが、これは、再現時にティンパニが加わることを見通していることの証左である。ただし、ボウイングは作曲者の指定を無視した返し弓。少しがっかりしたが、これも先々を見通しての改変だと判明。川浪浩一のコントラバステューバとともに同じ主題を大音響で反復する場面になって、ブルックナーの指示通りの連続ダウン・ボウで弾き始めるのだ。「野人」の雰囲気を、小出しにしながら盛り上げていく、遠大な視座を持った演奏だったわけだ。また、この楽章では特にクラリネットの鳴りが良く、響きの色合いを深めていた。そして、ブリッジ部分に対して、クライマックスに勝るとも劣らない魅力を感じさせるのは名演の常だが、今日もそう。ヴィオラから始まる苛烈な断片の応酬で傷ついた後に、癒すような木管の柔らかい音に包み込まれる、その展開が見事だった。ピッツィカートを受け継ぐフルートは、弦との落差を感じさせない稀有な演奏。もちろん音量は弦に及ばないが、田中玲奈ら奏者たちの鋭い勢いによって、弦に遜色ない緊張感を出していた。この熱演あって、提示とはまた異なる炎のような色彩が再現部に加わった。

 トリオは、ハープが演奏し終えてから始まる中間部分を、一層テンポを落として静謐に演奏。ここが第2楽章の核であることを強く印象付けた。フレーズを収める篠崎孝(トランペット)のスビート・ピアノが見事!

 第3楽章。決して設定テンポは速くないのだが、前半2楽章をかなり遅めのテンポで演奏したために、実際以上に速い印象を受ける。アダージョの重量感を持ちつつ、生命力ある推進力をも兼ね備えた演奏を、大曲全体を見通したテンポ設定によって実現したのだ。第1主題部の、平野花子ら2台のハープと弦楽器の天国的合奏は、1音ごとに歌い直すスタイルの演奏ではなく、4小節間を一つの流れを持った歌として滔々と流すスタイルをとり、ここでも推進力を感じさせる。フレーズの収めはたっぷりと引き伸ばし、これによっても音楽の流れを作り出す。第2主題部は今日の演奏の白眉。近藤浩志率いるチェロの温かい歌が、「君の人生は間違っていない」と言うかのような肯定的な承認を与えてくれる。ブルックナーを聴く意義はここにあると言っても過言ではない。第1主題からこの第2主題へと至る部分の説得力ある流れは圧巻。蒲生絢子(2番ホルン)のソロ、田野倉雅秋・力武千幸・鈴木玲子によるヴァイオリン・ソロはいずれも、無からいつの間にか始まって音楽の生命を大きく醸成する。これを受けた金井のクラリネット・ソロが、クレッシェンド気味に存在感を増しながら降臨してくると、リテヌート気味に丁寧に藤原のテノール・テユーバへと受け渡す。ここでも藤原は父性(父を早くに喪ったブルックナーにとっては、おそらく神性と同義)を体現したかのような包容力と存在感を実現していた。また、ハースが初稿から引用したフレーズは、躍動感を持って演奏され、クライマックスでの躍動的な表現をさりげなく予告していた。ハース版を使う意義をしっかりと感じさせる演奏だ。そのクライマックスでは、大音響なのに他の楽器をかき消さないという大フィルのティンパニの伝統を堀内吉昌がしっかりと継承していた。そして最後のヴァーグナー・テューバ合奏は、第1楽章再後のヴィオラと同様、全体にブレンドされるようにして溶けていった。

 フィナーレは特に展開部が圧巻で、とりわけ印象的だったのは練習番号Lの下降音型。9番第3楽章の、奇しくも練習番号Lのような滋味深さを感じさせる。弦・木管の音色はもちろん、福田えりみ率いるトロンボーン・セクションの音色が神々しい。神の降臨を思わせるこの場面では、やはりヴァーグナー・テューバではなくトロンボーンを使わなければならないのだ、ということを認識させられた。そして、第1主題の再現では、管楽器の主旋律以上にヴァイオリンの激しい下降音型を際立たせる。滋味深い下降音型が、力強く変貌した姿だということだろう。また、第3主題が再現される直前では、ハース版にしかないフレーズが不穏な雰囲気を醸し出し、コーダの悲劇性を予告した。ここでもハース版を使う意義を感じさせた。尾高が以前、NHK響でハース版を演奏した際には、この箇所でフルートが大崩壊していた。尾高は大阪フィルという理想的なオーケストラを得て、ようやく自らが目指す演奏を実現したと言えるだろう。コーダでは、ホルンによるスケルツォ主題の回想を、アシスタントの安土真弓(名古屋フィル首席)も加わった5人のベル・アップで強調。最後を飾るトランペットのスケルツォ主題へと見事に繋げた。最後はしっかりとリテヌートで引き伸ばされ、遠大な視座によって長大な流れを実現した今日の演奏にふさわしい締めくくりとなった。

posted by ちぇろぱんだ at 10:00| Comment(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | 更新情報をチェックする