2017年07月27日

♪遠藤啓輔のコンサート日記♪〜2017.7.17〜

 東京都交響楽団がインバルの指揮でマーラーを演奏。
 前半は初期の逸品『葬礼』。改訂された『復活』第1楽章に比べて、内声の原色的色彩感の蠢きが効果的で、良い意味で泥臭い魅力がある。四方恭子のソロはマーラー4番のようにキレた緊張感があり、オカルト的おどろおどろしさのあるこの曲に表現に似つかわしい。インバルは、ブルックナーを演奏するときと同様、ブロックごとに大胆に基本テンポ設定を変えながらも表現を矮小化しない極端な煽り立てを避けるので、伸縮自在の音楽の自由さと落ち着いたスケールの大きさを両立していた。都響らしい懐の深い音響もインバルの表現に似つかわしい。
 後半は、一転して晩年の傑作『大地の歌』。やはり『葬礼』との作風の違いは明瞭だ。初期の『葬礼』が、油絵の具を幾重にも塗り重ねたような隈取のはっきりした色彩感とどぎつさを持っていたのに対し、晩年の『大地の歌』は、細い線を粗く緩く束ねたような繊細さと軽やかさを持っている。気合十分な『葬礼』と肩の力を抜いた自然体の『大地の歌』ということもできるかもしれない。
独唱者2人は声量よりも表現力でマーラーの世界観を実現。テノールはとりわけポルタメント気味に下降する表現が秀逸。この曲の厭世観と表裏一体となった滑稽味を演出すると同時に、非西洋的印象をも強調することに成功していた。アルトは浮揚するような柔らかい表現が素晴らしい。「浮揚している」ということは地に足がついていない不安と表裏一体であり、この曲の基調にある死の不安、別れの不安を実現した歌唱ということでもある。
 インバルは、例えば第3楽章で大太鼓とシンバルを強調して行進曲の雰囲気を出すなど、マーラーの過去作品を俯瞰しているようで流石だった。
 また、インバルの『大地の歌』と言えば、チューバの扱いも注目点だった。2012年に同じ都響で聴いたときは、第6楽章のトロンボーンに、休んでいるはずのチューバを重ねていた。最後の和音は、チューバの参加によって包み込むような温かさを感じさせて効果的だと感じた。しかし、楽章の中間で激しくフォルテを吹き鳴らす部分は、チューバの温かみのために厳しさが損なわれており、原典通りの方が良いのではないか、と思ったものだ。
 果たして今日は、完全に原典通りに戻り、チューバは第4楽章で一瞬吹いた以外はずっと休んでいた。フォルテの厳しさは当然、原典通りの方が良い効果を出していた。一方、前回のチューバの追加に好印象を持った最後の和音は、原典通りトロンボーン3本のみだと、チューバ有りに比べると軽みを感じることが分かった。そして今日の終結部は、楽章開始における重々しさとは対照的に、浮揚するような軽みのある演奏だった。この曲の中の厭世感が、この世の煩わしいしがらみをすべて捨て去ることへとつながり、それゆえ実現し得た軽みのように思われた。インバルは単に原典に回帰したのではなく、音楽的な深化の結果として原典回帰を志向したのだと思われる。大家となってからも進化・変化を続けるインバルと、それをさせるマーラーの音楽、どちらも凄い!
posted by ゆかもん at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 遠藤啓輔のコンサート日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月24日

夏といえば…(*´Д`*)

昨日の練習は珍しく朝からでした(・ω・)

午前中は第43回定期の選曲♪


IMG_3849.JPG


団員全体から集めた候補曲を聞いて、投票するのです◎

聴いてみて「この曲いいな」とか、スコア見て「この曲、技術的に弾けるかな」と確認したり。

毎回、定期演奏会の曲はこのようにして決まるんですよ♪

今回も2曲が決まりました!

何になったかはナイショです( ^ω^ ) 

お楽しみに!


お昼からは総会◎

前回定演の振り返りとか、今後の運営についてとかを話し合いました。

そして総会の後は2時間ほど通常練習して

練習の後は、みんなでビアガーデン!!

これぞこの日のメインと言いたい!!


IMG_3851.JPG


毎年お世話になってる新都ホテルの屋上ビアガーデンに行ってきましたー*\(^o^)/*

前回の定期演奏会でお世話になり、そして今回の定期演奏会でもお世話になるコンサートミストレスの坂先生も来てくださいましたよ♪

年齢もバラバラ、性別もバラバラ、仕事もバラバラ、楽器もバラバラ

あまりにもバラバラなので、周りからはなんだこの団体と思われたかもしれないですね笑

でもバラバラだからこそ楽しいのです(`・∀・´)

閉店ギリギリまで飲んで食べて喋って、楽しんできました♪

暑気払って英気も養ったことですし、来週からの練習がんばりましょー( *ω´)

posted by ゆかもん at 21:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

コンチキチン

こないだの練習は祇園祭真っ只中!

しかも宵山で一番人が多い日!!

しかもしかもお祭りの中心部に練習会場!!!

電車もバスも満員、交通規制で車も近づけずだったので、これは人集まらないんじゃないかと思っていたのですが、さすがフィロムジカ。

めっちゃ人集まりました笑

コントラバスとか、あの人混みの中をどーやって運んできたんだろう(・・;)


まぁそんなこんなで大変な練習日だったのですが、お祭りの雰囲気は楽しいし、たまにはこんな日もありですね◎

ちぇろぱんだは終わった後で楽器を避難させて、宵山を楽しんできましたよ♪


IMG_3827.JPG


前祭の山鉾全制覇を目指して4時間弱歩き回ったのですが、一方通行の規制とかに阻まれて、23基中17基で諦めて帰りました(´ω`)

でも楽しかった(`・ω´)


来週の練習は総会です◎

今後のフィロムジカについて話し合いをして、余った時間で練習、それが終わったらみんなでビアガーデンです*\(^o^)/*

週末のそれを楽しみに、今週一週間乗り切ります!

posted by ゆかもん at 22:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 練習風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする