2017年06月21日

サマーセット・ラプソディ/ホルストについて

結構前のことなんですが、サマーセット・ラプソディの練習の時に、滝本先生がこの曲のイメージについて仰っていたことが、私の中でとてもお気に入りなので、演奏会前にみなさんにも広めてみます◎

まずは冒頭(Sheep Shearing Song)。
オーボエの憂うようなメロディ。これは吟遊詩人が旅をしながら竪琴を片手に歌っているのだと。
そこにこどもがやってきて、「昔話をしてあげよう」と吟遊詩人はこどもに語りはじめます。

・力強い音楽(High Germany)。
あるところにたくましい青年がおりました。
青年は足を踏み鳴らしながらたくましく踊ります。

・同じメロディで今度は高らかで軽やかな音楽に。(High Germany)
青年に答えて、女性が踊ります。
そして2人は恋に落ちました。

・美しくも切ないメロディ(The True Lover's Farewell)
結ばれた2人はしかし、戦争によって引き裂かれることに…。
青年は愛する人を置いて戦地へ行ってしまい、戻ってくることはなかったのでした。

・転調して元のメロディに戻る(High Germany)
楽しいこともつらいこともあるけど、時は流れていきます。
人生とはそういうものなのです。

・冒頭の音楽に戻る(Sheep Shearing Song)
吟遊詩人のお話はここで終わり。こどもは「おじちゃん、お話ありがとー!」と言って帰っていきます。
吟遊詩人もまた歌いながら去っていくのでした。

この情景を思い描きながらこの曲を聴くと、なんとも言えない気持ちになるのです。
ぜひ、みなさまも当日足をお運びいただきましたら、この情景を感じてみてください(*^ ^*)
posted by ゆかもん at 20:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽談義 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月19日

団長に突撃インタビュー*\(^O^)/*

いよいよ定期演奏会が来週にせまりました!
最後のインタビューは我らが団長に突撃してきました♪

フィロムジカを代表して、団長に熱い思いを語っていただきました。
そして、後半には大事なお知らせもあります!
ぜひ動画をご覧になって、フィロムジカのことを知っていただき、
演奏会をより楽しんでいただければと思います◎


posted by ゆかもん at 19:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ふぃろの愉快な仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月12日

坂先生に突撃インタビュー*\(^O^)/*

さてさて、今回はゲストコンミスの坂先生にインタビューしてきました♪
練習後の疲れ切っているところに押しかけたのですが、それでも快くインタビューを
受けてくださった先生に感謝(*´ω`*)
前回と違ってFacebook経由なのは、動画の重さのせいであって特に意味はございません。
あ、フィロムジカのFacebook知らない方はぜひぜひ、これを機にいいね!お願いします!



この日の練習はエニグマとゲーゼ◎
慣れない場所での練習だったせいか、はたまたメンバーが増えてきたせいなのか、
はじめはものすごいぎこちない演奏で、本番大丈夫か!?と心配になりました・・・。
でも滝本先生の細かいご指導のおかげで、終わるころにはちゃんとした演奏になってました♪
よかった・・・!
場所とか人とか気分とか、そーゆーちょっとしたことでも演奏って変わってくるので、
音楽って不思議だなぁといつも思います。
さー、本番まであと2週間、ラストスパートがんばりますよー(*`ω´)
posted by ゆかもん at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ふぃろの愉快な仲間たち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする