2018年09月16日

♪アンサンブルコンサート♪

今日はワークショップにてアンサンブルコンサートを行いました◎
普段はフルオーケストラで活動している私たちですが、たまにはアンサンブルだってやるんです(`・ω・´)

というわけで、はじまりは木管三重奏から♪
フルート、オーボエ、クラリネットでお届けしたのは、ピタゴラスイッチ、星に願いを、メヌエット、小さな花の4曲。

582EE02C-1D92-45CE-9C46-75FD94A5B106.jpeg

ピタッ ゴラッ スイッチ♪ 楽しかった(*´∀`*)

木管の次は金管、というわけで、金管セクションからはトランペットソロで、バロック風舞曲集より3曲を抜粋して3楽章仕立てでお送りしました◎
ちなみに3楽章それぞれ、オーソドックスなトランペット、ポストトランペット、ピッコロトランペットを使い分け、楽器の紹介付きです!

58AC2918-6A8A-4BB3-A6A8-F3E84FFCAE1D.jpeg

ポストトランペット、ちぇろぱんだははじめてみたので、トランペットらしからぬその形状にびっくりでした(°_°)
また今度、ブログで楽器特集でもやってもらおうかしら。

そして最後は弦楽器で六重奏♪
1stヴァイオリン、2ndヴァイオリン、チェロで、トルコ行進曲、ラデツキー行進曲、家路を演奏しました。

3D8D88AF-1D04-480B-86EA-35CAA2901862.jpeg

行進曲聞くと運動会を思い出してそわそわしますよね笑

1時間のあっという間のコンサートでしたが、ご来場いただきましたみなさま、ありがとうございました♪
次の演奏会は12月23日(日)の定期演奏会です◎
ぜひこちらにも足をお運びください!


おまけ

今回の飾りつけはこんな感じ◎

568CABA1-20F6-4C23-A711-3E01D5993346.jpeg

手作り感溢れるステージです。笑
そして前回(http://kyotophilo.seesaa.net/article/458288360.html)に引き続き、今回もまた何かがいる…!
私たちの演奏を…なにかが見つめている…!

35264E15-173A-4F76-8CCE-C10363ACFF20.jpeg

団員持参のくも。笑
なぜ。笑
といいつつ、わりとみんな結構気に入ってた。
posted by ちぇろぱんだ at 23:46| Comment(0) | 演奏会の様子&アフター | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

アンサンブルコンサートやります!

♫京都フィロムジカ管弦楽団♫
    ♪明倫ワークショップ♪
 ♪アンサンブルコンサート♪

日時:2018年9月16日(日)
           13:00〜14:00
場所:京都芸術センター
           南館3F 制作室12
曲目:<管アンサンブル>
           ピタゴラスイッチ・オープニングテーマ
           星に願いを
           メヌエット
           小さな花
          <弦アンサンブル>
           トルコ行進曲
           ラデツキー行進曲
           家路

お客さんの目の前での演奏、わたしたちもドキドキしますが、みなさんに楽しんでもらえるよう、心を込めて演奏します!
会場の京都芸術センターも、古い木造の小学校でとても素敵な場所ですよ◎
ぜひご来場ください♪

posted by ちぇろぱんだ at 01:11| Comment(0) | 演奏会情報 | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

初めての指揮者合奏!!


こんばんは!
少し先の話ですが、今年の12月23日、日曜日の予定はお決まりですか?
昼下がりにびわ湖ホールでブルックナーを聴くなんて過ごし方はいかがでしょう。

先日の日曜、その12月23日に開催する演奏会に向けた、初めての指揮者合奏をしてきました♪

44E59B9E-thumbnail2[1].jpg

ラフマニノフが音楽院の卒業試験として書いたとされるユースシンフォニーと、
ブルックナーの交響曲5番です!

指揮者の池田俊先生にお越し頂きました。
池田先生とは3年ぶりの共演です。

余談ですが、私にとっての初フィロムジカ体験は、この3年前の池田先生によるスークとラフ(ラフマニノフじゃないですよ)の演奏でした。
スークやラフとか誰それ?って感じだったのが、フィロムジカで演奏してみて楽しいな、と思ったことが良い思い出です(*ノωノ)

さて、そんな池田先生による合奏。
ラフマニノフもブルックナーも、カドの取れた豊かな響きを大切に曲を作っていきました。

特にブルックナー!
ブルックナー自身がオルガン奏者なだけあって、重厚な和声が出せると本当に魅力的な曲ですね!

ブルックナーの曲に書いてあるアクセントは、他の作曲家や吹奏楽曲みたいに頭にパンチのある音Σじゃなくて、
オルガンで和音をジャーンと弾き鳴らしたような深みのある感じなんだそうです。知らなかった~

荘厳なコラールや長いフーガもとても難しいですが、この日の合奏で音楽づくりのイメージが出来てきました♪
再来週の第2回指揮者合奏に向けて、この感覚を持ってますます練習を重ねたいと思います('◇')ゞ


posted by みぽ at 22:23| Comment(0) | 練習風景 | 更新情報をチェックする